コンテンツ

v系 まとめ!バンドに関する情報

■人気のバンド!v系 まとめをチェックしてみよう
v系バンドのまとめを知っておくと、今までとは違う音楽の楽しみや、側面を発見することができます。普段なかなか音楽との出会いがない、新しいv系バンドで楽しみたい、と思っている方は、チェックすることでそのような新しい音楽やアーティストを見つけられる可能性があります。当サイトでは、そのようなv系 まとめについて紹介します。

v系バンドに関しては、実際に活動やその特徴を知ってみると、今までとは違った音楽の見かたをすることができます。特に知らない方にとっては斬新な部分も多くあるでしょうから、ぜひその素晴らしさに肌で触れてみる、というのはいかがでしょうか。普段とは違う、魅力的な時間を過ごせることは間違いありませんので、ぜひそのような優雅で刺激的な時間を、v系のまとめを用いて過ごしてみるということもいいでしょう。v系バンドのまとめに関しては、なかなかほかでは体験できないような時間や味わい、そして充実した魅力があります。

v系バンドのまとめに関して、ほかではなかなか体験できないような時間や有意義な楽しみ方をされる、ということを予定をされている方は、ぜひそのために実際にどのようなポイントがあるのか、特徴や現在の活動、化粧や様式などについても知っていると、今までは違った活動について知ることができます。実際のメイク技術は、バンド会場で見ることもできますが細かいところまで知ることは難しい場合もあります。そんな時V系のまとめがあれば、細かい箇所まで知ることが可能なのです。そしてそれを参考に、自分も好みのアーティストのようにさまざまなスタイルになりきれることもできます。

v系バンドのまとめについて、自分自身にあった楽しみ方や魅力などといったものを知っておくと、いろいろと発見できる部分もあります。ですから、その点をぜひ思い切って体験をしてみる、ということも良い案でしょう。その際は、普段とは違う楽しみ方も十分にできますので、今までとは違う現代的な側面に触れてみることもポイントです。活動の様子などは、メンバーのブログや専門サイトに情報が詳しく掲載されていますので、それらの情報もあわせてチェックしてみると新しい発見もあることでしょう。v系のまとめはいろいろな情報が掲載されているので、これから知りたいと思っている方にとっても重宝するのです。ぜひ、そのようなまとめをチェックしてこれからの時間を有意義に過ごしてみませんか。

■v系のまとめ ファン編
v系といえば、激しい音楽や演出などバンドによってもライブの雰囲気が違うことも多くあります。v系に限らずアイドルにもいえる事ですが、ライブ会場に行くと個性的なファンがたくさんいます。v系の女性ファンは「バンギャ」と呼ばれ、男性ファンは「ギャ男」と呼ばれています。

v系バンドのファンの中には、メンバーのメイクを真似してライブに参戦する人もいれば、ゴシック&ロリータと呼ばれる黒を基調としたファッションでライブ参戦する人もいます。さらにファンの中には、男の娘と呼ばれる、男性であっても女性のような格好や仕草をする人もいます。もちろんそれ以外にも、v系のライブには清楚系やセクシー系などといった外見のファンもいます。

そして、v系のライブに参戦する際のファッションにも、パンク系やコテ系というようにそれぞれ呼び方があり、それぞれのファッションにあったメイクやヘアスタイルをしているファンも多くいます。

v系のライブでは、普通のコンサートのようにペンライトを振るのではなく、体を使ってライブを実感するものが多くなっています。また、曲ごとに振り付けが決まっている場合も多くあります。中には、ヘッドバンギングと呼ばれる頭を上下に振るといった動きで首を痛めるファンもおり、ライブ参戦の翌日は酷い筋肉痛になったり、首にシップを貼るという人も大勢存在します。

■v系のまとめ 化粧編
お目当てのv系バンドの真似をしたい人やなりきりたい人にとって、メイクはかかせないものになっています。v系のメイク前と後では、まるで別人のように変身していてそのギャップに驚かせられこともしばしばあります。

基本的なv系メイクをするにあたって必要なものは、まずはファンデーションです。パウダーファンデーションよりもリキッドファンデーションの方が陰影を作り易くなり、ほかには、黒やグレーなど暗い色のベースとなるアイシャドーとメインの色のアイシャドーも必要となっています。メインの色は少し派手めの方が際立ちます。

他には、目元を大きく見せるつけまつげ、艶感のあるリップとグロス、瞳を大きく見せたり異国の人に見えるカラーコンタクト、アイライン、マスカラが必要になります。ポイントは、アイラインでアイホールを広く描いて中を塗り、そのままアイラインを引き、下瞼にも深めにアイラインを引きます。その上に、暗めのベースとなるアイシャドーを少しぼかし程度に乗せていくと、これだけでv系メイクにぐっと近づきます。

また、ノーズシャドーを入れることで陰影ができ、鼻筋がきれいに通った感じに見せることや、目元を濃くすることで、彫りの深い日本人離れした西洋的な顔立ちになります。さらに髪をまとめたり、スプレーで固めたり、ウイッグを付けることで、v系メイクにより近づけます。

■v系のまとめ 様式美編
v系バンドは、メイクやゴシックな衣装などの視覚表現を強調することを様式美としています。それまでの日本にはなかったv系バンドが音楽界に衝撃を与え、多くのファンを獲得してきました。v系バンドといってもその内容は様々で、メタル、ロック、ポップスなど幅が広くあります。v系バンドは自分たちの独特の世界観を重視することが多く、各バンドがそれぞれのテーマを掲げ、歌詞、楽曲、衣装などを選んで演じます。

一般的にv系バンドはメイクや衣装は派手ではあるものの、パンクバンドやメタルバンドとは違い、耽美性を重視しているものが多く、こうした傾向がv系の様式美を生み出しています。また、歌詞や衣装が現実離れしたテーマを扱ったものが多いため、ライブに行くことによって非日常的な世界を体感できるのもv系バンドの様式美のひとつと言えます。

ライブでのパフォーマンスの様式美に関しては、ファンにヘッドバンギングや手拍子などを要求することが多々あります。そして、ファンのノリにも様式美があります。演奏中に体を動かすことが定番となっていて、楽曲の決まった部分で、決まった動きをして楽しんでいるのです。

v系バンドの楽曲に関しても多くのジャンルがありますが、低音を重視して演奏するバンドが多く、ネガティブな意味を持つ歌詞とともにダークな様式美を演出しています。

■v系の定義 まとめ編
よく、v系とロック系の違いが分からないと言う人がいますが、一番分かりやすい部分はメイクや衣装ではないでしょうか。しかし、もともとメイクや衣装はグラムロックからの影響を受けていることが多く、v系もギターがメインなのでロック系のジャンルに入ります。

ロック系といわれるバンドは社会に対してのメッセージ性が強いバンドが多く、服装もTシャツなどのラフな格好が多いです。v系の場合はメイク、コスチューム、サウンド、歌詞が一体となってそのバンドの独特の世界観を表現するといった傾向が強く、視覚と音楽でファンを楽しませるエンターテイメント性を重視する傾向にあります。

v系バンドの中で一番特徴的なのはヴォーカルの歌い方です。艶っぽいようなクセのある歌い方が特徴的ですし、歌うときの仕草もv系独特の動きがあります。

しかし2000年代に入ってからは、派手な衣装やメイクはあまりせずに、サウンドも歌謡曲的なものから、ポップやロックのミクスチャーなど音楽の幅が広がってきており、音楽性を重視しているv系アーティストも多くなってきています。バラエティー色の強いv系からメイクや衣装が女性的なv系もおり1990年代から2000年代以降ではv系の定義が変わりつつあります。ですから、v系かどうかはアーティスト側の意向や、見る側によって変わってきます。